概要


ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋

ウッドデッキの素材には、天然木材(ソフトウッド・ハードウッド)もしくは木材と樹脂を混合した合成木材(WPC、WPRC)が使われる。 ウッドデッキとは、建物の縁側の機能を拡大するために屋外に設置される床である。 近年、ウッドデッキとリビングを一体化させてアウトドアリビングを楽しむことが流行している。ベランダの上にすのこ状のパネルを敷き詰めるウッドパネルとは区別される。 また、地面に近いところに歩道の用途として敷き詰めたものはボードウォークとも呼ばれるが、広場と歩道の区別がつかない場合が多く、総称してウッドデッキと呼ばれる。住宅に使われる場合は建物の掃き出し窓から庭に出入するようにして、エクステリアにおける庭とリビングルームの中間の空間として使われる。他に、公園やショッピングセンターの広場にも使われる。 なお、日本ではほぼ同じ役割のものとして濡れ縁(ぬれえん)が挙げられる。

名前の由来
ウッドデッキという言葉は英語の deck(デッキ)に由来する。英語の deck は船の甲板に由来する。そのことから、ウッドデッキの材質は木製もしくはそれに準ずる材質の物(合成木材)で作られた物を指す。

材質
ウッドデッキに使われる木材は、設置される環境上、高耐久の木材を使う必要がある。住宅用には加工しやすくDIYにむいているウェスタンレッドシダーが多く使われ、屋外での過酷な環境に晒されるデッキには熱帯雨林産の高耐久性ハードウッドであるイタウバ(クスノキ科Mezilaurus属の M. itauba など; ブラジルのマトグロッソ産)、イタウバフィエラ、ウリンやイペ、セランガンバツ(Shorea spp.)、サイプレスなどが使われることが多い。また、自然公園などには耐用年数15年もの耐久性を誇る加圧注入防腐処理木材(タナリス剤)を施された国産のスギやヒノキが使われることが多い。樹脂と木粉を混合した合成木材はプラントが必要なため、製造メーカーが限られるが、住宅用デッキではシェアが増加している。








各メーカーの商品紹介

YKKAP リウッドデッキ200

<概要>

安心・長持ちの機能性素材「リウッド」。

リウッド(再生木)は木粉とプラスチック(ポリプロピレン)を主原料とした、住む人の健康に配慮したノンホルムアルデヒド商品です。

天然木に比べて強度の低下や変色が少なく、防腐のための薬品処理も不要。お子様やペットにも安心です。水濡れによる反りや腐食が

起こりにくく、硬度が高いため、美しさが長持ちします。デッキ材間の目地幅は、意匠性・安全性を考慮した3mm幅を採用しており、目地

部分はデッキ下まで貫通しておらず、すき間がなく物が落ちない構造です。

<カラーバリエーション>

<施工イメージ>








INAX タイルデッキ

<概要>

ラグジュアリーな空間をおしゃれに演出できるのがこのタイルデッキです。
天然石調やストーン調はもちろん、最近では天然木の自然な色合いや流れるような木目を
表現したタイルがトレンドとなっています。
1平方メートルあたり180 kgの強度があり、雨の日もすべりにくく、またブラシで簡単に
お掃除が可能で、耐摩耗性に優れた傷つきにくい構造となっています。

お庭のリフォームにお悩みの方、必見。


家の中に洗濯物を干せる場所が無いので、サンルームで干したい。

表からの目線が気になるので、フェンスや塀で目隠ししたい。

駐車場にするので、カーポートを建てたい。

ちょっと一息つきたいから、ゆとりスペースを作りたい。

掃除しやすい

タイルは汚れが染み込みにくく、落としやすい素材です。コーヒーなどの液体がこぼれた場合でもさっと拭き取れます。

高い意匠性

最新のデジタルプリント加飾をはじめとした高い意匠性を持つ商品を取りそろえています。

変質・変色しにくい

直射日光や熱などによる劣化を防ぐとともに、美しさが持続します。
■変質・変色の比較

傷つきにくい

傷や衝撃に強いタイル、耐摩耗性に優れ、へこみにくいのが特徴です。
■傷つきやすさの比較

<タイル各種>

グランフォレスタ NX

グランフォレスタ

プリメーロ NX

プリメーロ

バサーティル

バサーティル

<施工イメージ>

タイル建材総合カタログのWEBカタログ





天然木(ハードウッド・ソフトウッド)の商品のご紹介

広葉樹ハードウッドと針葉樹ソフトウッドの違い

ハードウッド(広葉樹)の特徴

ハードウッドはハードという言葉通り硬い木材のことをいいます。木の繊維を見てみると一目瞭然なのですが、ハードウッドの場合は繊維が非常に細かく密になっているのが特徴です。密になっているということは破壊や切断に強く硬いということになります。

メリット

ハードウッドは、腐食や虫などの害、水分による腐朽に大変強い為、防腐剤や塗装などを定期的にやりかえる必要がなく、メンテナンスが非常に楽で長持ちします。木材にもよりますが、20~30年はメンテナンスしなくても問題なく利用できます。美観上は塗装を行うことが望ましいですが、塗装を行なわなくても耐久性は十分にあります。

デメリット

ハードウッドのデメリットとしては、非常に硬い木材なので加工がしにくいということがあげられます。そのため、この材料でウッドデッキを作る際には、プロ用のインパクトや電動工具を準備し、計画的に加工手順を踏まないと施工できないことになります。もう一つのデメリットとして材料費が高いことです。特に最近では、森林保護の観点から違法伐採などへの法整備が進み、伐採量の調整により価格も高止まり気味です。なかでも、イペ・ウリンなどは特に高価な材料となりつつあります。

ソフトウッド(針葉樹)の特徴

ソフトウッドはハードの逆で柔らかいソフトな木材のことをいいます。木の繊維は皆同一方向を向いており、密ではなくちょっとした衝撃でも傷がついてしまいます。

メリット

ソフトウッドは柔らかい木材の為、加工がしやすいのがメリットです。通常は電動のこぎりなどが必要になりますが、サイズによっては手ノコ(通常ののこぎり)だけでも施工が出来ます。また、比較的成長の早い樹種が多いため、安定供給が可能で材料が安価というメリットもあります。費用面であまり負担できない場合に重宝します。また、ソフトウッドを高熱で処理することで耐久性を飛躍的に高めたサーモウッドや、アセチル化処理することで、50年以上腐らないアコヤなどもあります。

デメリット

ソフトウッドのデメリットとしては腐りやすい点です。ソフトウッドは衝撃などに弱いことや水分を吸収してしまう特徴があるので、腐朽したりシロアリの被害にあいやすくなります。また、1年ごとに防虫、防腐塗装などのメンテナンスを行うことが必要です。施工後に手がかかるのが最大のデメリットとなります。DIYで加工がしやすく耐久性が高いものとして、サイプレスがあります。また、浸透性の塗料を塗布することで、ソフトウッドの耐久性を上げることができます。メンテナンス時の問題点は、デッキの裏面に手が入らず塗装できないことです。一旦全部バラして塗るのは非常に手間なのでそこまでするのであれば、はじめから良い木材を使ったほうが得策です。

<施工イメージ>






3Dモードで見るウッドデッキ

<操作方法>
1.真ん中の再生ボタンを押します。
2.左マウスボタンのドラッグで上下左右に視点が向きます。
3.ホイールでズームします。
4.Wキー:前進、Sキー:後退:Aキー:左移動、Dキー:右移動


Drink Rail: Pecan Decking

Matterport 3D Showcase.






弊社の施工実績